黒鯛釣り専用のリール、ロッド、用品の企画製造の黒鯛工房

黒鯛工房


岸和田順延予選が終了いたしました。
5月の予選は悪天候の為2時間で競技を切り上げ、井川智氏が唯一の獲得で1位が確定。
今回は順延予選ということで、2位~15位の決勝大会進出者を決める大会を行ないました。
スタート早々から釣果が見られ、気温の上昇とともに各選手の方々も集中して釣り続けた結果、
今回唯一3枚獲得の井上基氏も10:00過ぎから続けての釣果となりました。
21名が総枚数26枚黒鯛を見ることが出来ました。
これで各3会場の予選が終了し、昨年優勝者の竹田敏雄氏と黒鯛工房が選出した7名を加えた計
50名で、8/7(土)・8(日)に決勝大会を南港にて行ないます。

---------------------------------------
日 程:7月19日(祝日)
     AM6:30~PM1:00
会 場:岸和田
天 気:晴
参加人数:81名
審査対象:30cm以上のチヌ
---------------------------------------

順 位
選手名
所属クラブ
匹数
最大長
最大重量
第1位
5/16
岸和田予選で
決定済
井川  智
Team 茅呂里
1
34.0cm
680g
第2位
井上  基
Team 銀とと
3
44.2cm
1500g
第3位
川辺  優
Team 銀とと
2
42.0cm
900g
第4位
前田 啓和
-
2
36.7cm
740g
第5位
中島 則隆
Team 銀とと
2
36.0cm
760g
第6位
芝地 健一
黒鯛四人衆
1
50.2cm
1700g
第7位
川村 茂仁
東京黒鯛神
1
48.0cm
1920g
第8位
福井  勉
-
1
42.7cm
1150g
第9位
福住 康幸
No Hit's
1
41.5cm
1070g
第10位
篠原 信一
武庫茅会
1
37.0cm
700g
第11位
吉田 真一
-
1
35.4cm
630g
第12位
米澤 邦和
-
1
33.8cm
620g
第13位
佐藤 雄一郎
-
1
33.7cm
580g
第14位
広兼  悟
TEAM 落師
1
33.5cm
580g
第15位
横田 伸夫
武庫茅会
1
33.3cm
540g
   
大物賞
5/16岸和田予選で決定済
 井川 智  Team 茅呂里  34.0cm  680g 

※審査は匹数を優先。同匹数の場合は1匹の長さで、同長の場合は重量によって順位を決定しています。


岸和田予選結果 5月16日確定
 
 

第1位:井川 智氏
沖波止が釣れているという情報を事前に得ており、沖のカーブ~南辺りの内向きでスタートしました。開始間もなくの7:00前に、止めアタリで1枚獲得をしました。エサを沈めてから波止際まで寄せてもう一度落す動作を行ない、随時エサを取り替えていたのが幸を奏したかなと思います。とにかく運が良かったとしか言いようがなく、まさか他の方が釣れていないとは思いもしませんでした。
風が強く最悪のコンディションを考えれば釣れないのが通常であり、その点に関しても非常に嬉しく思います。
【ロッド/落し込み竿 36/42】
【リール/BLACKY THE 落し込み X 75】
【エサ/パイプ】


岸和田順延 予選結果 7月19日確定
 
 

第2位:井上 基 氏
沖一文字のスリットでスタートし8:00過ぎまでアタリが全く無い状況でした。
それまでイガイのダンゴを使用していましたが、タンクガニに変えたのが幸を奏したのか、10:00過ぎにスリット底で穂先を押え込むアタリがあり1枚を獲得。その後、11:00、12:00頃と続けて、スリット中層でコツコツのアタリがあり2枚目、3枚目の釣果がありました。昨年、沖一文字周辺を集中して釣り決勝に進めましたので、今回も同じ場所で終始しました。
ホームグラウンドである岸和田での決勝進出は、大変嬉しく思います。
【ロッド/落し込み竿 39-45】
【リール/落し込みリール】
【エサ/タンクガニ】

 
 

第3位:川辺 優 氏
沖一文字のスリットで、スタート早々穂先にコツコツのアタリがあり1枚を獲得出来ました。(42cm)1時間ほど後、同様に2枚目の釣果がありました。
前日にスリットで5枚の釣果があったこともあり、当日もスタートから集中して実釣しました。風もなく潮も悪い中、エサをクモガニで使用したことも良かったと思います。
昨年は決勝大会に出れず無念でしたが、今年はホームグラウンドの岸和田で決められ、二重の喜びとなりました。
【ロッ/落し込み竿 3.5】
【リール/落し込みリール】
【エサ/クモガニ】