黒鯛釣り専用のリール、ロッド、用品の企画製造の黒鯛工房

黒鯛工房

黒鯛工房カップ、東京湾ヘチ釣りトーナメント・第2予選を、木更津沖堤にて開催いたしました。
連日の猛暑の続く中で83名の黒鯛師が参加し、9月の決勝大会を目指し日頃の技を競いました。
当日は快晴・無風の中、アタリがほとんどない状況が続き、各選手は苦戦を強いられることとな
りました。そんな中、松澤氏、八方氏の両名が1枚ずつ釣る結果となり、決勝大会へと進みました。

---------------------------------------
日 程:7月22日(木) AM5:50~PM12:00
会 場:木更津沖堤
天 気:晴
参加人数:83名
審査対象:30cm以上のチヌ
---------------------------------------

順 位
選手名
所属クラブ
匹数
最大長
最大重量
第1位
松澤 慶太
東京黒友会
1
31.0cm
440 g
第2位
八方 和久
東京黒友会
1
30.2cm
420 g
 
大物賞
松澤 慶太  東京黒友会   31.0cm  440g 

※審査は匹数を優先。同匹数の場合は1匹の長さで、同長の場合は重量よって順位を決定しています。

 

木更津 予選上位2名
 
 

第1位:松澤 慶太氏
スタートはB提の中程で釣っていましたがアタリがなく、C提に移動し中程の内側で8:20頃、ゆっくりと落としていき、張った状態から手にコツンと引っ張る感じがあり獲得出来ました。本来ならA・B提(深場)のコバで実釣するところでしたが人が多く、C提の中程は人がほとんどいない状態で、ここで集中したのが逆に良い結果となりました。今年の木更津は例年に比べ良くない状況で、当日は全体でもアタリが全くなく、同クラブ.八方氏と2枚だけの釣果で非常に厳しかったですが、決勝に進むことが出来て嬉しく思います。 
【ロッド/中通し竿】
【リール/タイコリール】
【エサ/イガイ】

 
 

第2位:八方 和久氏
スタートからA提で実釣し終了まで終始し、9:00頃に中程の外向き、二ヒロくらいで引き込むアタリがあり獲得しました。
このところの木更津は良くなく、当日は更に悪い状況が重なり、大会全体において参加者も多くにぎやかだっただけに、釣果があれば一層良かったと感じました。
私もアタリはこの1回だけに終わりましたが、決勝に進めて嬉しく思います。
【ロッド/2.4m落し込み竿】
【リール/落し込みリール】
【エサ/イガイ】