黒鯛釣り専用のリール、ロッド、用品の企画製造の黒鯛工房

黒鯛工房

カセ筏師 DEEP FORCE V80-BG/RT

カセ筏師 DEEP FORCE V80-BG/RT
  • V80-RT 正面
  • V80-RT 背面
  • V80-RT 背面
  • V80-BG 正面
  • フィールド
  • フィールド
  • フィールド
  • フィールド
  • フィールド
  • フィールド

※画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
※写真のリールは、プロトモデルです。一部仕様が異なりますのでご了承ください。

カセ筏師 DEEP FORCE V80-BG/RT 釣りを変える驚愕のスペック
これまでの下向きイカダリールの唯一の弱点、それは『大チヌの引きを人差し指だけのスプール操作では止められない』ことでした。
もちろん、従来のクラッチレバータイプの高精度ドラグ搭載モデルでも安定したプレッシャーを大チヌに与えることは可能でしたが、障害物を交わすためのゴリ巻き勝負や、魚にノサれた状態から一瞬ラインを送ってロッドを起したい場面では、その機構上対応することが困難でした。

『人差し指でブレーキを掛け続けるのは無理…』
であれば考え方を180度変えて、これまで黒鯛工房が得意分野とするへチリールや落し込みリールの機構をベースとして応用できないか?と考えました。

『ブレーキングは親指が最もパワーを掛けやすい』
この事実はへチ釣りや落し込み釣りをする黒鯛師ならば当然の常識ですが、人差し指でのスプールコントロールに慣れているカセ筏師にとって理屈では理解できても、いざ操作するとなると少なからず違和感があるかもしれません。
でも、思い出してください。現在のように下向きリール使用のイカダ釣りスタイルが定着する前は、多くのカセ・筏師が上向きの両軸リールを使って釣りをしていたことを。では、両軸リールのスプールはどの指で押さえますか?
この問いには100%の釣り人が『親指』と答えるでしょう。

ベイトリールが避けて通ることができないデメリット『スプール径が小さいがゆえにラインの巻きグセが付きやすい』点と、下向きクラッチレバータイプの弱点『人差し指だけで大チヌの引きを止められない』点。この二つのウィークポイントを解決した革新的システムが、今回デビューするDEEP FORCE V80には搭載されています。
糸グセが付きにくいφ80mmの大口径スプール、ロッドを握ったまま人差し指でクラッチフリーにできるプッシュ式クラッチボタン、親指による“指ドラグ”で大チヌの引きを意のままに操れるダイナミックなやり取り…etc。全てが黒鯛釣り専門メーカー渾身の力作と感じていただける仕上がりです。

DEEP FORCE V80は次なる進化の可能性を存分に秘めたニューコンセプトリール。
イカダリールの新機軸『ディープフォース』シリーズはいま、カセ・筏師とともに進化の歩みをはじめたばかりです。

  • □ アルミ鍛造マシンカットボディー&フット&スプール
  • □ ワンプッシュ&オートリターンクラッチシステム
  • □ ハイスピードギヤボックス
  • □ 大口径フラット底浅溝WING-Vスプール
  • □ ホールディングフット
  • □ 85mm大型クランクハンドルアーム
  • □ EVAハンドルノブ
  • □ 糸カミ防止機構
  • □ シリアルナンバー彫刻
  • □ ナイロン製リールケース(ロッドにリールをセットしたまま収納可能)
品 名 品 番 カラー ギヤ比 ハンドル1回転
巻き上げ(cm)
自 重 スプール径/スプール幅
(mm)/(mm)
標準糸巻量
(号-m)
ボール
ベアリング
メーカー希望
本体価格(¥)
カセ筏師
DEEP FORCE V80
V80-RT (右) レッド/チタン 1:2.5 47 190 80/22 2-100 6 58,000
V80-RT (左)
V80-BG (右) ブラック/ゴールド
V80-BG (左)

【 操作上のご注意 】

クラッチの操作方法

仕掛けの投入時はロッドを握ったまま人差し指でクラッチボタンを押します。クラッチを切ると『カチッ』と音がします。巻き上げはハンドルを回した段階で(アワセを入れてハンドルに手を掛けた時)クラッチが繋がり(クラッチアップする)、巻き上げが可能です。

※写真は『左巻き仕様』の場合です。

※クラッチアップする際は必ずスプールエッジを親指で押さえてください。押さえない状態でアワセを入れると『半クラッチ』状態になり、スプールが空転して巻き上げできない状態になります。

※写真は『左巻き仕様』の場合です。

バックラッシュを防ぐ逆転クリック付き

大チヌとのやりとりの際、ハンドルが逆転するとクリック音がします。親指でのスプールブレーキ力を上回る強い引きにはハンドル逆転によるクリック音がダイナミックなやりとりを演出し、バックラッシュを未然に防いでくれる機能として有効に働きます。

リールを傾けるとスプールフリー時の回転を抑えることができます

クラッチを切った状態(クラッチボタンを押してスプール回転をフリーにした状態)で仕掛けを投入する際に、リールを写真のように傾けることでスプール回転にわずかにブレーキが掛かる機構となっています。深場攻略や潮が速い状況では、リールを傾けることでバックラッシュを効果的に防ぐことができます。

※スプールがフリー状態(ダンゴや仕掛けを落下させている)の時は、スプールエッジに軽く親指を触れてスプールの回転し過ぎによるバックラッシュを防いでください。親指を離したまま落下させるとバックラッシュが発生してしまいます。

※写真は『左巻き仕様』の場合です。

クラッチボタンがハンドルの回転と連動して回りますが異常ではございません

クラッチアップしてハンドルを回すとクラッチボタンも一緒に回ります。これは、クラッチアップするとピニオンギヤとマスターギヤが勘合してスプールに駆動が伝わりますが、この時ピニオンギヤとクラッチボタンは連動した状態にあるため、クラッチボタンも一緒に回ります。

巻き上げ時にクラッチボタンがブレて(波打って)回るのは異常ではございません

クラッチボタンがハンドル巻き上げ時に回転しますが、この時ボタンが若干波打って回転します。これはクラッチボタン・シャフトの加工・組立て構成、クリアランス設計により、完全に防ぐことができない製品仕様となります。あしからずご了承ください。

アフターサービス&メンテナンス
DEEP FORCE V80パーツ価格表・分解図ダウンロード
カセ筏師 DEEP FORCE V80-BG/RT パーツ価格表・分解図
パーツ価格表・分解図は、PDFでもご提供しています。
また、商品を末永くお使い頂くために下記のパーツにグリス、オイルを注油してください。
DEEP FORCE V80 パーツ分解図DEEP FORCE V80パーツ価格表

修理料金について

ワンシーズン使用したリールは外観上の異常がなくても内部は傷んでいます。 1年に1回はオーバーホールにお出しいただくことをお勧めします。 不具合箇所がある場合、できるだけ詳しくリールの状態をお伝え下さい。

※表示価格はすべて税別です
  修理料金は 作業料金 + パーツ代金 となります
オーバーホール 作業料金 ¥4,000+交換したパーツ代金
パーツの取付けのみ 作業料金 ¥1,500+取付けたパーツ代金
左右切替 ◎左右専用パーツ
・ピニオンギヤ ¥3,000
・マスターギヤ ¥3,000
・マスターギヤスクリュー ¥500
・ハンドルシャフト ¥1,000
パーツ代金 計 ¥7,500
作業料金 ¥4,000
修理料金 合計 ¥11,500
※御見積もりをご希望の方は、修理品の状態を確認させて頂いてからご案内いたします。